どうして少女達はこの援交をしてしまうのか

援助交際のブームは下火になった様に思えますが、それは単に話題にあがらなくなっただけで、未だ女子高生達の若い世代の間ではこの援助交際が
毎日行われている様です。
彼女らがどうしてこの援助交際を行うのかは、当然と「お金」が欲しいからなのです。
ほんの興味本位であれば、身近な男性達と交際すればいいのです。また性欲を満たしたいのであれば、ナンパなどをすればいいだけの事です。
若い女性達が自分の身体を売って援助交際を行う訳は、当然と「お金」になってきます。
この援助交際と言うのは、ほんの一度の行為のみで三万円程度のお金を貰う事が可能になってきます。これは例えば普通のバイトと比較しても、とても
効率のいいものになります。また一日の内に稼げる額が、別の仕事と比較してそれこそ数倍になってきます。
当然とそこでのリスクは大きくなり、その中に実際に援助交際を行った自分を後悔して毎日とても暗い生活を過ごし、ひいては自殺にまで至る様な
女性達も存在しています。
少女らはまさにその瞬間を生きており、自分の未来などは考えていません。もし病気や妊娠などしてからでは遅いと分かっているのに、そこは目の前の
欲の為に、単にお金が欲しさの為この援交をしてしまうのです。
この援助交際そのものは、たいていの女性達にしてみたら罪悪感が出てくるものですが、本人が気づかない内に徐々に精神的なダメージを受け、
この売春行為をしている様な女性達が増加しているのです。

どうしても若い子

援助交際によってとても気になる事が若い女性達とやりたい事です。
しかし現実に行った方達は、意外に歳を取っている様な女性達が多かった事もある様です。
女性達を紹介して貰う時にその女性の歳が分かればやり易いのですが、実際は思った以上に歳を取っている方達が多いみたいなのです。
ここれは約束が違っていると言う事で、その援助交際を止めても特に違反になる事も無いかと思います。
それは例えば前金での支払いがある時に返金要求をしてもいいのですが、普通返金は難解になり、多くの方達は援助交際自体が出来なくて、
大損する事もある様です。しかし料金をまだ支払っていない時、その相手をキャンセルしてその援助交際を止める事も可能です。
それも一つの方法になってきます。しかしそれで本当にいいのか?という事になってきます。
援助交際と言うのは公に宣伝されているものでは無く、その援助交際の相手をみつけるのは難解かもしれません。しかしその様な
チャンスはめったに無いかもしれません。その様な時は今日は止めるか、などの事もあるかもしれません。
あまりにもひどい時はいいとして、それ相応の我慢が可能であれば援助交際を継続する事も出来ます。
そんなに若い女性達を期待しているのですか?そんなに上手く行かない事も結構ある様です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ